コリング城の廃墟ミュージアム

SANYO DIGITAL CAMERA
13世紀に建てられ、1808年の火事で廃墟となった王城をそのまま生かし
廃墟ミュージアムとして公開しているコリング城ミュージアム(Museet på Koldinghus)。

アンデルセンもその保存に尽力したといわれるコリング城。
火事の後、長く放置されていた廃墟を保存し、展示すべき
という構想が始まったのが1890年。そして1972年から
建築家のインゲル&ヨハネス・エクスナー(Inger and Johannes Exner)
指揮のもと、修復が行われました。

SANYO DIGITAL CAMERA

焼け跡の残るむき出しのレンガには、何ともいえない迫力が。
モダンな修復部分により、廃墟がさらに際立ちます。

この大胆なアイデアによる修復建築は、
1993年にヨーロッパ・ノストラ賞を受賞しています。

SANYO DIGITAL CAMERA

コリング城のことを知ったのは、「五感を刺激する環境デザイン
―デンマークのユニバーサルデザイン事例に学ぶ」という本から。

ユニバーサルデザインの進んだデンマークには、
障害を持つ人達も五感を使って楽しめる美術館や公共スペースが
多くあり、その事例の一つとして紹介されていました。

コリング城では、例えば歩いた時に感触の違いが楽しめるよう、
床材には木やレンガ、石などあえて多様な素材を使用しています。
また館内に架けられた3本の橋も、一つずつ微妙に勾配が違います。

目が見えない人や車椅子の人なら、その微妙な差を感じることは
難しくないはず。衰えつつある現代人の感覚を
呼び覚ますことも目的とされています。

SANYO DIGITAL CAMERA

コリング城は、ユトランド半島にあるコリング市のシンボルであり、
今では観光の目玉の一つ。家族連れで気軽に楽しむ人たちもいます。

SANYO DIGITAL CAMERA

SANYO DIGITAL CAMERA

地元コリングをはじめとする、デンマークの銀製品の
展示ギャラリーもあります。

開館時間 10:00-17:00(クリスマスと年末年始のみ閉館)
コペンハーゲン市内よりDSB鉄道で2時間ほど。kolding駅下車、徒歩10分
http://www.koldinghus.dk/