コペンハーゲンのアンティーク通り

copenantique2

コペンハーゲンの中心、ノアポート駅から徒歩約15分ほどの場所に、
アンティークショップが集まるRavnsborggade通りがあります。

触るのが憚られるような高級品が整然と並べられた店、
ホコリまみれで、店主もどこに何があるのかわかっているのかどうか…というようなお店とさまざま。
時間があれば、お店の人とのアンティーク談義もまた楽しいです。

copenshop2

c-ant2

copenlamp

c-antique

lamp

copenantique3

私たちは、幾つかのお店で見かけて気になっていたキスチョコのようなランプを購入。
聞くとフォグ&モルゥプ(Fog & Morup)というメーカーのもので、
1960年代にはとても人気があったそう。1970年代に廃業したそうですが
最近また人気が再燃しているとか。

キスチョコ型のペンダントライトはオリエントというシリーズで、
デザイナーはヨハネス・ハマーボー(Johannes Hammerborg)。

店主によると、「ポール・ヘニングセンほどの知名度はないけれど、
それに勝るとも劣らないデザイナー」だとか。うーむ、勉強になります。

copenshop3
どこまでが商品?

c-anti

この通りにあったCafe Gavlenで腹ごしらえ。バーっぽい店構えで
それほど期待していなかったのですが、コペンハーゲンで食べたランチで一番といえるおいしさでした。
デンマーク名物の黒パンとレバーペースト、サラダもたっぷりついて値段も安くて大満足。
夜も来てみたいと思いました!(アンティークショップは4〜5時で閉まってしまいますが…)

copenantique

2件のフィードバック