ベリー大国

指が赤くなるくらい、色も濃いです

指が赤くなるくらい、色も濃いです


 夏の北欧に行ったら絶対に食べたいのが、いちご。北欧のいちごは味が濃くて美味し〜い!夏の間は街のあちこちに屋台が出ています。市場では山盛りのいちごをコップのような測りですくってビニール袋にザーっ…とダイナミック。多少つぶれたりもしていますが、味は絶品。街歩きのお供に、ホテルでひと息つきながら、パクパク。毎日食べたいおいしさです。フィンランド人やノルウェー人は自国のいちごが一番おいしい!と国産にこだわりがあるそうです。

 スウェーデンのアーキペラゴの島を訪れた時は、道端になっていたブルーベリーをパクパク。これがまた美味しい!北欧諸国には「Everyman’s Right」という法律があって、誰の土地であっても入ることができ、そこで自然を楽しんだり、ベリーやきのこ摘みなどをしてもいいことになっています。北欧の人にとって森にベリーを摘みに行くのは、特別なことではないのです。
 スウェーデンのお袋の味ともいわれるブルーベリーパイ。ブルーベリーをお皿にぎっしり詰めて、クランブルをのせて焼き、食べる時にとろりとしたバニラクリームをかけていただきます。友人のお母さんが作ってくれましたが、忘れられない美味しさでした。

 北欧ならではのベリーといえば、リンゴンベリーとクラウドベリー。リンゴンベリーは日本のコケモモのようなベリーで糖分が少なく、トナカイ肉やミートボールなど肉料理と一緒に食されることも。クラウドベリーは北極圏特産の黄色いベリーで、「ベリーの王様」とも言われています。限られた地域でしかとれないので希少性が高く、他のベリーにくらべて高級な扱い。チーズと一緒に食べたり、デザートにいただきます。

 初夏のマーケットにまず登場するのは苺、そしてブルーベリー(ビルベリー)。その後ラズベリーやクランベリーが出てきて、そして9月になるとリンゴンベリーが登場し、冬の間まで出回ります。ベリーはジュースやジャムにして、冬の間の大切なビタミン源になります。

夏の終わりに。ベリーがずらり!


ベリーの季節ならではのお菓子やデザートも

冬の市場でも売っていたリンゴンベリー

冬の市場でも売っていたリンゴンベリー

いちご売場のお姉さんは、みんな美人です

いちご売場のお姉さんは、みんな美人です