cafe Briossi

可愛いカフェで、朝ごはんを

可愛いカフェで、朝ごはんを


次々に焼きたてパンが並びます

次々に焼きたてパンが並びます


左がbrioche、右がbriossi

左がbrioche、右がbriossi


 早朝から開いているcafe Briossi。12月の朝8時、外はまだ真っ暗ですが、店内ではすでに先客が食事をしていました。奥の厨房でせっせとパンが焼かれてはカウンターに次々と並べられ、粉砂糖たっぷりの星形パンやブタ顔のパンなど、クリスマスらしいパンもあります。
 Briossi のブリオッシュは、2種類あります。日本でもおなじみ、フランス風のぽっくりとした形のものがBrioche。店名にもなっているBriossiは、さっくりとしたデニッシュ風の生地でレーズン入り。アイシングもかかっていて、どうやらこちらがフィンランドスタイルのよう。そして 実際に試したBrioche、ほのかにカルダモンの香りがします。そう、フィンランドのパンといえば、このカルダモンの香りが特徴です。

 菓子パン類はひとつ3ユーロ前後と決して安くはないけれど、この美味しさは試す価値アリ。ちなみに菓子パンよりも気軽なハード系の食事パンなら1.5ユーロ程。バターとジャムをサービスでつけてくれます。一日のはじまりに、おいしいパンをぜひどうぞ

Cafe Briossi 
Kalevankatu 9

ハードパンの種類もいろいろ

ハードパンの種類もいろいろ


クリスマスならではのブタや星形パン。<br>サンドイッチもおいしそう

クリスマスならではのブタや星形パン。
サンドイッチもおいしそう