北欧のおいしい乳製品 1

SANYO DIGITAL CAMERA

北欧に行くと、乳製品の豊富さに驚かされます。牛乳だけでも乳脂肪の割合が違うもの、
オーガニックなどなどたくさんの種類があります。
そういえば夜に搾取した乳から作られるヨーマイトは日本でも話題になりましたね。

P1030636

牛のマークで有名なスウェーデンのArla社は、ストライプの色や太さで乳脂肪率やオーガニックなど
製品ごとの個性がわかるようになっています。

moomil

フィンランドのメーカー、valio社の牛乳パックデザインにはムーミンが登場したり、
シーズンごとに異なるデザインが楽しいです。
ちなみに日本でもおなじみ、三角形のテトラパックはスウェーデンの発明です。

SANYO DIGITAL CAMERA

北欧らしい乳製品といえば、フィンランドではヴィリ、スウェーデンではフィルとよばれる発酵乳製品。
一見ヨーグルトのようですが、酸味のある味とドロリとした粘り気のある食感が独特。
牛乳と同じようなパッケージで並んでいるので、一度知らずに買ってびっくりしたことがあります。
(冒頭の写真は、牛乳と思って買った発酵乳。バナナフレーバーでした!)

ヨーグルトとは異なる乳酸菌で発酵させている発酵乳。日本の食卓ではあまりなじみがありませんが、
北欧では牛乳と一緒にシリアルにかけたり、砂糖やベリーをまぶして食べたりする他、
製菓材料や料理の風味づけとしてよく使われるようです。

DSCF0056

P1010722
フィンランドのピーマも発酵乳の一つ。フィンランドのパン作りにも活躍します。

DSCF9398
ピーマを使ったパン、「ピーマリンップ」。

onaka
その名も「Onaka穏」。日本のビフィズス菌を使った発酵乳だとか。
お腹にやさしいですよ、というアピールのよう。

P1110379
アイスランド生まれの発酵乳、スキールはノルウェーでも大人気。
のびーるアイスのような食感。

P1030627

スウェーデンで絶大な人気を誇るのが、飲むヨーグルトyoggi、ヨギ。スウェーデンの友人によると、
子供の頃ピクニックに行くとクラスメートの半分以上がヨギを持ってきていたとか。
確かにキャップ付のプラスティックボトルは持ち運びできて、とっても便利。旅行中も重宝します。
ヨギの登場により、飲むヨーグルトのマーケットが拡大した、というほどのヒットアイテムなのです。

その人気を支えているのが、ポップなボトルデザイン。2002年にExcellent Swedish Design 賞を受賞しています。
真ん中の丸は、イチゴなら赤、ブルーベリーは紫…と味をイメージさせる色で描かれています。

北欧のおいしい乳製品 2 に続きます。