北欧旅行のベストシーズンは?

town4

北欧の観光ベストシーズンというと、一般的には夏です(オーロラは除く)。気候がよく、日が長く、初めて訪れる方にはやはりおすすめです。街中には北欧の夏の風物詩であるフレッシュベリーや青豆の屋台が並び、緑豊かな公園はひなたぼっこをする人たちがいっぱい……と、街歩きにも最適の季節です。

ただ本当にいつまでも日が沈まないので、ホテルの部屋には遮光カーテンが必須だなと痛感しました。ヘルシンキからストックホルムへ、一晩かけて船で移動した時のこと。海が見える部屋を予約したらカーテンがない。最初こそ窓から見える海に盛り上がっていましたが、いつまでも明るくて眠れず、困った経験があります。

ちなみに北欧はずっと寒いと思ってる方もいますが、夏は暑くなります。地域によっては30度を超すこともありますし、泳いだり、マリンスポーツを楽しむ人も多いです。


北欧ゆるとりっぷ』森百合子 著 出版:主婦の友社 

フリーマーケットも気候のよい時の方が賑やか。屋外のフリーマーケットは大抵4月〜10月頃までがシーズンです。またアアルトのマイレア邸夏の家なども、夏期限定でオープン。建築見学がお目当ての方には夏がおすすめです。

7月は北欧人にとって夏休みまっただ中。なので、個人商店などは長期休みに入っていることもあります。アンティークのお店やカフェなど、『来月◯日までいません』と貼り紙がしてあってうなだれた経験が何度あったことか……。小さなお店周りがお目当ての方は、夏休み時期は外した方がいいかもしれません。

P1150861

10月〜4月はいわゆるオフシーズン。でも寒い季節ならではのお楽しみもあります。北欧ってやっぱり寒い国なので、寒い季節の食べ物がおいしいのです。煮込み料理やキャセロール、またクリスマス時期ならではの料理や雰囲気が楽しめるのは冬の醍醐味です。


北欧のおいしい話


北欧のおいしい時間
森百合子 著 出版:スペースシャワーネットワーク

11月〜12月にかけて街はクリスマスムードに包まれ、各地でクリスマスマーケットも楽しめます。ただしクリスマス当日は北欧では家族で過ごす日。なので12月24日〜26日までの3日間は街からは人がいなくなり、お店も軒並みクローズしてしまうので、旅行者には大変です。クリスマス時期に滞在が重なってサバイバルしたレポートはこちら

クリスマスの他にも、6月の夏至祭や春先のイースターといった北欧における大イベント時期は、ショップやレストラン、中にはホテルまで閉まってしまうこともあるので要注意です。
 
北欧の冬なんて、どんなに寒いだろうかと最初は覚悟したものですが、建物の中が暖かく快適なので、街歩きをする分には思ったほど大変ではありません。(日本の家って寒いよね、と北欧の友人は言ってました)

個人的なおすすめは9月。まだギリギリ夏の気配が残っていて(日本と比べればずっと寒いですが)、蚤の市や建築見学も楽しめます。北欧人の夏休みは終わっているので、お店も通常営業。航空運賃も7〜8月のハイシーズンに比べれば安いものが出てきます。と、いいとこ取りができるかなと!


3日でまわる北欧 in ヘルシンキ


3日でまわる北欧 in コペンハーゲン


3日でまわる北欧 in オスロ
森百合子 著 出版:スペースシャワーネットワーク