5/14公開。メンヘラか魔術師か。マリメッコが私たちを惹きつける理由『ファブリックの女王』

o0706100013562659978
マリメッコには魔物が棲んでいる。初めて現地でマリメッコの店に入って、興奮で正気を失うのは仕方がないとして、何度も行ってるのに、日本にも流通しているしもうめずらしくないのに、なのに現地でマリメッコの店に入ると平常心を失ってしまう。今度こそは平気だ、平常心で……と臨んでも気づけば冷静さを失っている。なんて手強いんだろう、マリメッコ。

2月に初のラップランド取材へ向かった機内で、偶然上映していたのがこの映画。原題は「Armi elää!」で、アルミは生きている!といった感じでしょうか。マリメッコ創始者であるアルミ・ラティアの人生を描いた異色作です。

異色と書いた理由のひとつはこれが劇中劇を中心に進む、二重構造の一見わかりにくい仕立ての作品だから。アルミの言葉なのか、それとも演じる女優の言葉なのか時折、混乱してしまうこともある。そしてもうひとつ、マリメッコといえば、あのカラフルで心躍るファブリックに彩られた楽しい映画ね!と想像させつつ見事に裏切ってくる辺りも異色でしょう。画面に映るのは戦争に翻弄され時代に翻弄された、日常のささやかな幸せを楽しむには不器用すぎた女性と彼女の目に映る灰色の世界。今だったらまず間違いなく「メンヘラ」呼ばわりされるであろうアルミ・ラティアの暴力的ともいえる言葉や態度の数々には正直ついていけないし、引いてしまう。あのマリメッコと、この重苦しい空気のギャップにためらう人も多いのではと思う。でもアルミの天才的プレゼンテーションを目にした辺りから、光が差し込んでくる。それまでが重く暗く灰色だったからこそ、その光のまぶしいこと!目の前に広がったカラフルな時代の美しいこと!

そう、この映画は当時の女性たちの感動を私たちにも体験させてくれるのです。マリメッコがあの時代にもたらした衝撃や感動を、現代に生きる私たちの中にもリアルな感情として湧きあがらせる。ファッションとは時代を反映するもの。例えば戦時下の40年代は女性服にもミリタリーのエッセンスが入り、物資が少ないためスカートも広がらないタイプが主流。一方50年代になるとその反動のように生地をたっぷりと使ったフレアースカートが大流行し、女性らしさを印象づけるウェストマークが基本となる。そして60年代は……。

どんな素材も色も手に入る現代では、新しい時代の色やパターンに当時の人々がどれほど衝撃を受け、心躍らせたかを想像するのは難しい。この映画ではその衝撃を、その心躍る瞬間をリアルに体験させてくれる。灰色の時代をもがき苦しみながら走り抜けたアルミ・ラティアが、新しい時代のファブリックであるマリメッコを発表した奇跡のような瞬間に立ち会うことができる。

灰色で鬱々とした映像の後には言葉にならないカタルシスが待っていて、そして映画を観終えてふと目をあげると、フィンエアーの機内にはマリメッコがあふれていました。アルミ〜〜〜〜本当に良かった、良かったねえ〜〜フィンエアーとコラボなんてすごいじゃないのよお〜〜〜と思わず親戚気分で目頭が熱くなってしまいましたよ。

グルメ映画を観終えてちょっと良さげなレストランへ直行したくなるように、本作を観終えたらきっとマリメッコに直行したくなるでしょう。そしてマリメッコの服に袖を通したくなるに違いない。私もまんまと北極圏の街ロヴァニエミにあるマリメッコのアウトレットでワンピースを買ってしまいました。あのザ・マリメッコ的な60年代の象徴ともいえるストーンとしたシルエットの一着を。

最近でこそさまざまなスタイルの服を提案しているマリメッコですが、昔はマリメッコといえばウエストをしぼらず体のラインをあまり出さないストーンとしたシルエットがお約束でした。あれは体格の良い欧米人には似合っても、小柄な日本人には難しい。私が着るとなんだかパジャマみたいだわ、なんて常々思っていました。でもこの映画を観た後は、あのストーンとした服を着てみたくなる。50年代までのフェミニンで女性らしい服とは対象的な、あの60年代のシルエット。身も心も足どりも軽くなりそうな、あのシルエット。

劇中でアルミを演じる女優の苦悩がアルミのそれと時折重なったように、アルミが持ちつづけた悩みに私たちもいつか直面するかもしれない。「誰にも愛されない」「私は独りで進まなければいけない」そんな悩みは、いつの時代にも共通した悩みでもあるから。そしてマリメッコのファブリックと服は、時代を超えて女性たちにエネルギーを与えてくれる。そうして現代に生きる私たちも、やはりアルミ・ラティアの魔法にかかってしまうのです。Armi elää!

『ファブリックの女王』公式サイト