6/18公開。この夏、誰もがデブに恋する!『好きにならずにいられない』


デブが恋する物語かと思ったら、デブに恋する物語でした。それも恋するのは私たち。フーシに胸きゅん、ああこんな男性がそばにいてくれたら……と思う女性が続出するのは間違いないでしょう。

2015年の北欧映画No.1に選ばれた話題のアイスランド映画『好きにならずにいられらない』。主人公フーシのスペックは、女性とつきあったことのない、デブで、オタクで、43歳。それって、2ちゃんねるから火がついた電車男の物語、もしくは映画『40歳の童貞』のようなストーリー?と思いきや……全然違った。確かにこの2作同様にオタクが愛に目覚めてがんばる映画ではあるのだけれども、『電車男』や『40歳の童貞』の場合は「あ〜いい人が見つかってよかったねえ〜」と観ていられた。オタクががんばるのを面白がって観ていられた。でも『好きにならずにいられない』の場合は違う。もし私がいま付き合っている人が中途半端な相手だとしたら、これはまずいぞって映画だった。「私もこんな風に愛されたい」って、「こんな風に愛せる相手に出会いたい!」って思ってしまうような、そんな映画だった。

ラジオ番組のDJとツーカーの仲で、いつもマニアなヘビメタをリクエストするのが楽しみなくせに、よりによってあの曲をリクエストする羽目になったり。

母親と一緒に暮らし、家事なんてこれまで一切やる気はなかったのに連日、器用に料理を作ったり。

しかもその料理をそっと扉の前に置いて、彼女を説得するでもなく、自分の気持ちを伝えるでもなく、ただただ見守っていたり。

気持ちがこんがらがって自分ではどうにもできない彼女を、ただ優しく抱きしめたり。

ただ必要なことをする。ただ耳を傾ける。ただ見守る。ただそこにいる。フーシはそれができる男なのだ。

「好きにならずにいられない」サブ1

階下に暮らす美少女がフーシにまとわりつくのもわかる。ませた女の子は、いい男がわかるから。彼女くらい可愛いくて幼いと、男性を見た目で判断する必要もない。フーシの献身的な姿にも胸きゅんでしたが、あの少女との交流シーンがとても良かった。孤独で異形の男と少女の関係。『ロスト・チルドレン』や『レオン』を思い出させる、永遠の定番ともいえる組み合わせ。世間に理解されない男と、大切なものが見える少女の交流。ああデブでオタクで童貞だからなんだっていうの。なんでこんなに切ないの。

「恋は見た目じゃない」なんて言うのは簡単だけれど、「人間はスペックじゃ測れない」なんて言うのは簡単だけれど。実際の世界では、そういうことを本当に気にしないでいるのは難しい。でも『好きにならずにいられない』は「やっぱり見た目じゃない」ってことを、「ていうかスペックってなんだ?」ということを改めて実感させてくれる映画なのだ。だって私たち観客はフーシのことを好きにならずにいられないもの。

「好きにならずにいられない」メイン

ダーグル・カウリ監督インタビューの中で「編集作業中、フーシの名前を逆再生させると、ある人物の名前に聞こえることに気づいた……」というエピソードがありました。ああ、なんという偶然!!!やっぱり世界はフーシを待っている!(監督インタビューはおそらく劇場パンフレットに載ると思うのでチェックしてみてくださいね!あの、十字架でおなじみの人物です。)

もうね、次の007に推薦したいですよ、グンナル・ヨンソンを。女性の心を鷲掴みだし、コッポラ監督が言うように、君なら世界も救える。わたしゃ本気でマッツ・ミケルセンとスカルスガルド兄弟とグンナルが並んでたら、どの胸に飛び込むか迷ってしまうよ。

人生で初めてデブにときめいた映画。こんなデブならもっと欲しい。フーシ、大好きだよ。

『好きにならずにいられない』公式サイト

*************************
さてそんなフーシとアイスランドと北欧の魅力を伝えるべく、『好きにならずにいられない』公開記念イベント『北欧サマーパーティ@アイスランド大使館』が開催されます。なかなか行くチャンスのない大使館で北欧フィンガーフードを楽しみながらアイスランド&北欧カルチャーに触れる夜。果たしてフーシみたいな男性はアイスランドにはたくさんいるのか!?こんな形の恋愛は、北欧では普通なの?北欧男子たちに恋愛について語ってもらいます。ただいまお申し込み受付中。残席が少なくなってきているとのこと。お申し込みはどうぞお早めに!

『好きにならずにいられない』公開記念
北欧ぷちとりっぷコラボ企画 北欧サマーパーティ@アイスランド大使館

日時:6月10日(金)18:00~20:00
場所:アイスランド大使館 東京都港区高輪4-18-26
出演:矢田部吉彦さん(東京国際映画祭プログラミングディレクター)/細川典子さん(トーキョーノーザンライツフェスティバル運営スタッフ)/森百合子と北欧男子たち(アイスランドのラグナル君、フィンランドのヨウコ君、デンマークのイェンス君)

定員:40名
会費:3,000円(軽食つき)
応募方法:氏名、メールアドレス、当日連絡先となる電話番号を明記の上、
sukini(at)magichour.co.jp までメールでお申し込み下さい。
※(at)を@に変えて送信してください。

1件の返信

  1. 2016年6月14日

    […] 『好きにならずにいられない』の映画レビューも書いているのでぜひ合わせてお楽しみください♪ […]