12/24公開。小国を忘れない、ということ。『こころに剣士を』

この映画の何がすごいって、実話がベースだということです。エストニアの歴史を知らなくとも、この映画を見れば、あの小国がいかに大国の事情で引き裂かれてきたかを端的に理解できるのですが、そんな状況下で!あの判断!!そしてあの結末!!!事実は小説よりアメージングなお話なのです。

舞台は50年代のエストニア。先日ちょうど『限りなく完璧に近い人々』(マイケル・ブース著)を読みながらフィンランドの歴史を改めて辿っていたのですが、スウェーデンに統治されロシアの脅威にさらされ、戦時中はヒトラーまでやってきて、本当につくづくタフな歴史を切り抜けてきた国なのだなあと感嘆します。しかし、それでもエストニアに比べればだいぶマシだったのだ……と、この映画を見て思うのです。あのロシアに対して、友好・中立を守ったフィンランドのケッコネン大統領って、やはりすごい外交手腕だったのだな、と思うのです。

50年代といえばアメリカではエルヴィスが登場し、ロックンロールが到来した時代。マリリン・モンローやオードリー・ヘップバーンとともにハリウッドは黄金時代を迎え、ファッション界ではディオールが次々に新しいスタイルを打ち出して世間を魅了していた時代。日本だったらカーネーションの糸ちゃんが、ばんばんワンピースを作って周防さんに恋して、バリバリ働いていた頃でしょう。戦後も落ち着いて、誰もが新しい時代の到来にウキウキわくわくしていた。それがエストニアでは、秘密警察が暗躍し、疑わしきは収容所送り。この国の戦後は、ぜんぜん終わっていない。しかも自国のためならいざ知らず、戦時中ドイツ軍についたエストニア兵がロシア側に捕らえられる、そんな理不尽極まりない現実が続いていた。

小国の歴史を見るというのは、こういうことなのだなと思う。エストニアといえば今や雑誌で「可愛い雑貨に会える!」とか「レトロな街並みが素敵」などなど特集が組まれて北欧に迫るほどの人気ぶりですが、1950年代の時点で、この国では戦争が終わっていない。いつ終わるかもわからない。同じ時代の若者がエルビスやオードリー・ヘップバーンに胸ときめかせていた時、エストニアでは「この国の父親は、みんないなくなってしまった」と女性たちが涙を流していたのだ。

そんな闇の時代に、エストニアの子どもたちに希望をもたらした実在のフェンシング選手が本作のモデル。主人公のエンデルは成りゆきで教師になるのだけど、フェンシングを通じて子どもたちに楽しみを与え、未来を夢見る力を与えていく。エンデル先生、成りゆきで教師になっただけあって最初はスパルタすぎて子どもが泣いて逃げ出すほどなんですが、さすがフェンシングへの情熱と技術が半端ないので、あっという間に学校中の子どもに慕われていく。その上で彼が命をかけて下した決断と、その後の誰もが予測できなかった結果は、子どもだけでなく、あの村の大人たちにも、戦争なんて知らない私たちにも勇気を与えてくれる。

子どもたちの可愛さ、純粋さ、そして強さも本作の見どころ。準主役ともいえる子役マルタの、あの相手を射抜くような目ヂカラといったら!フェンシングのスーツを着ている姿はテレタビーズみたいで「そうそうマルタって、まだ少女なのよね」と思い出すのだけれど、彼女の言葉や行動を見ていると、つい子どもだということを忘れそうになる。そして、ああそうだ、子どもらしからぬ態度を身につけざるをえなかった時代なのだと思い出す。ちなみにマルタの妹のティウは、リトル・ミスサンシャインっぽくて、また可愛いです。女子に比べると線の細めな男子達は将来有望なイケメン揃い。解説によるとマルタは本作の前に一度だけ演技経験があったようですが、それ以外の子役はみな演技未経験で臨んでいるそうです。すごい!

エンデルと恋する同僚教師カドリの真知子巻き(死語?)や、子どもたちの服など、当時の装いも地味ながら可愛い。ストールを頭に巻いてその上からベレー帽をかぶっていたりして、ああ、寒い国の人はこうやって帽子をかぶるのねと、寒がりの私は真似してみたくなりました。ちなみに解説を読んだら、あの指のかじかみそうな極寒風シーンは、夏の暑い日に撮影されたそうです。映画ってすごい……見ているこちらまで寒くなりましたもん。あと校長先生が着ているスーツのラペル(背広の襟)が笑っちゃうほど幅広なので、40年代〜50年代のメンズファッション好きな方はチェックしてみてください。

これがもし、ただの作られたストーリーだったらシンプルすぎて物足りないくらいの「よくできたお話」なんです。でも実話がベースだと知り、あの決断の重さが胸に迫ってくる。先が見えない不安定な時代には、つい自分の足元ばかり見てしまうけれど、私たちはもっと知るべきなのだ。歴史の片隅で振り回されてきた、今も振り回されている国や地域や人々について何が起こっているのかを知るべきなのだと、フィンランドのクラウス・ハロ監督は訴える。それを知ることで自分たちも救われるのだと。

最後に映画とはぜんぜん関係ないんですけどエストニアのクラフトビールっておいしいんですよ。ヘルシンキからストックホルムへ移動するシリヤラインの中で飲んだのが、ちょっと驚くほどおいしくて、次回ヘルシンキ来訪の際にはぜひエストニアまでビールを飲みに足を伸ばそうかと考えています。食も、その国を知る道標ですしね。ちなみにフィンランドには前述のケッコネンの名前がついたビールもあります。これもおすすめ。

『こころに剣士を』公式サイト