3/4発売です!『3日でまわる北欧 in コペンハーゲン 改訂版』

『3日でまわる北欧 in コペンハーゲン 改訂版』が3月4日に発売となりました!『3日でまわる北欧 』シリーズ最初の一冊で、原版が出たのが2013年。そこからヘルシンキ、オスロ、ストックホルムと4都市、続いていきました♪

北欧のデザインや雑貨、ライフスタイルが注目されるようになってだいぶ経ちますが、旅先としてはまだまだ「遠い」「長い休みが取れないと無理?」と思われる方もたくさん。でもじつは「直行便なら案外と早く、便利に行けること」そして何より「生活にある普通のデザインや、暮らしをのぞく街歩きが楽しいんです!」と伝えたくて作ったのがはじまりです。


3日でまわる北欧 in コペンハーゲン 改訂版
森 百合子 著
¥1,600 + 税(2019年3月4日発売)
出版社 スペースシャワーネットワーク

このシリーズは「旅の後に読んでもおもしろい」を合言葉に、その国の暮らしを知る言葉や考え方なども合わせてエッセイで紹介しているのですが、コペンハーゲン版では北欧インテリアにかかせない灯りのこと、そしてヒュッゲ、クリスマスの過ごし方などについて綴っています。

今回の改訂版では最新グルメスポットやインテリアショップ、蚤の市やカフェ情報まで全面的にアップデート。クラフトビールやおいしいデニッシュが食べられる店、コペンハーゲンから足を伸ばしていける美術館なども追加しています。そしてこのシリーズで密かに楽しみにしてくださってる方も多い「デンマーク人になる方法」。これ、原版にはなく(次のヘルシンキから始まったアイデアなのです)、今回やっとデンマーク人バージョンを載せることができました。これで4カ国の人々になる方法が、コンプリートです!

もうひとつこのシリーズのお楽しみ「地元っ子のおすすめ」ページも改定にあたってさらにページが充実しました。バリスタやクラフトビールのプロに加えて、ベストセラー作家のマイケル・ブース氏、本でも紹介しているデンマークをリードする照明メーカー、レ・クリント社のCEO夫妻、そして北欧ぷちとりっぷでおなじみの彼、エスベンも協力してくれました!地元っ子、コペンハーゲン通のみなさんのおすすめの過ごし方をぜひチェックしてみてください。

帯に載っている陶製のブタは、本でもご紹介しているコペンハーゲンのビンテージ通りで見つけたもの。デンマークは養豚業が盛んで伝統的に豚肉をよく食べる習慣があり、人よりブタの数の方が多いんです🐷

最後にひとつ。今回、改訂版によせてあとがきを書いたら、めったに褒めてくれない編集さんから「いいですね!」が出たんです。わーい👏あとがきの抜粋を出版社やアマゾンなどの書籍ページに載せていますので、ぜひ読んでみてください♪ 
スペースシャワーブックスの『3日でまわる北欧 in コペンハーゲン 改訂版』ページ