スウェーデンのビール、オムニポロがついに日本にやってきた!

スウェーデン発のクラフトビール、オムニポロ。斬新な味とスタイリッシュなデザインセンスで北欧はもちろん、日本や世界のビール好きから注目されているブランドです。そのオムニポロがついに!日本に本格上陸することになりました。メデタイ!

先週金曜日に池袋にあるBathtubというスペースで、ローンチイベントがありました。バスタブがありますね〜。

こちらは『ビアンカ マンゴーラッシーゴーゼ』。これ好きなんです。フルーティで甘味と酸味のバランスのよい一杯。他にも”レモンメレンゲパイ”など、オムニポロが得意とするデザート感覚で楽しめるビールもあります。

こちらがこの日の樽生で飲めるラインナップです。オムニポロの代表的な味が勢揃い!スウェーデンの伝統菓子から名前をとったマサランもありますね。

ブランドロゴをはじめボトルデザインまでクールなグラフィックもオムニポロの魅力。創業者の一人であるカール・グランディンはファッションブランドのチープマンデイなどでもデザインを手がけていたグラフィックデザイナーなのです。この日はボトルはありませんでしたが、カールが描くボトルデザインが最高に格好いいんですよ〜。

スウェーデン本国ではアルコール度数が低いものはスーパーマーケットで、高いものはSystembolagetと呼ばれるお酒の専売所で購入できます。

オムニポロのインポーターとなるAQベボリューションの方からスピーチ。

北欧やヨーロッパのクラフトビール事情に詳しい人の間では「オムニポロは一体、いつ日本に来るんだろう」と長く話題になっていましたが、ついに実現。いろんなバーやショップでオムニポロが飲めるようになるといいですよね!

9月10日には三軒茶屋のクラフトビールバー&ボトルショップPigalleで、オムニポロのボトルイベントがあります。
Bottle Shop Event Vol.13
インポーターの方を招いて、試飲しながらボトルが買える楽しいイベントです。オムニポロのボトルビールの魅力を存分に楽しめるチャンスですね!。

そしてスウェーデン本国でオムニポロを飲んでみたいという方に。最新刊の『3日でまわる北欧 in ストックホルム』ではストックホルムにあるオムニポロのバーを紹介しています。セーデルマルムエリアにある雰囲気のいいバーで、窯焼きピザが大人気。ピザのラインナップの中にも、ビールに負けず劣らずユニークなメニューがあります。ビールと一緒に食べるピザ、おいしいですよ〜。


3日でまわる北欧 in ストックホルム
森 百合子 著
¥1,600 + 税(2017年2月24日発売)
出版社 スペースシャワーネットワーク