エコな料理イベント@フィンランド大使館

P1100028

北欧5カ国のトップシェフが共演するイベント
ノルディック・スターシェフ・イン・ジャパン」に先駆けて行われた、
フィンランド大使館でのエコフード・イベントに参加してきました。

フィンランドを代表するスターシェフ、アンット・メラスニエミ。
数々のユニークな食イベントを手がけるメラスニエミ氏は、
太陽光のみで調理する「ソーラーキッチン」をミラノ・トリエンナーレで
プロデュースして話題に。今回の来日でも
ソーラークッカーを持ち込み、パフォーマンスを披露しました。

P1090966

まずは、シナモンロールがお出迎え!気分も高まります。

P1090976

大使館の屋外に設置されたソーラークッカー。
ピッティパンナやサーモンスープなど
フィンランドの伝統料理を太陽光だけで調理します。

P1100001

サーモンスープとピッティパンナの材料。

P1100040

サーモンスープの仕込中。奥にはフィンたんもいます。

P1100061

鍋を置いて少しするとジュージューとおいしそうな音が。
角度を変えて、火加減を調節します。

P1100055

手前にいらっしゃるのは料理上手で知られるフィンランド現大使。
北欧のおいしい話』で紹介したサーモンスープは
大使からレシピを教えていただきました。
ムーミンのエプロンが可愛いです。

P1100094

ピッティパンナのできあがり。器はもちろんイッタラです。

P1100013

フィンランド、ラップランドのビール、
ラパンクルタもキンキンに冷えています。

P1100016

とにかくお天気が良くて、まさにソーラークッキング日和。
マスコミの取材も入って大盛況でした。

P1100104

試食タイムです。一皿ずつ、うずらの卵がのっています。

P1100081

サーモンスープにはディルをたっぷりと。

P1100114

P1100123

デザートも登場!
たくさんのベリーをリキュールであえた北欧らしい味わいです。

ゆっくりと味わった後は、シェフと話したり、
参加者同士で交流したり。
エコフードとフィンランドの魅力があふれるイベントでした。