トーベ・ヤンソン展〜ムーミンと生きる〜に行ってきました

P1300316

横浜そごう美術館で開催されているトーベ・ヤンソン展へ行ってきました。今年はトーベの生誕100周年で『Tove 100』と題し、本国フィンランドはもちろん世界各地で記念イベントが開催されています。その目玉の一つがヘルシンキのアテネウム美術館で行われていたトーベ・ヤンソン展で、いよいよ10月から日本での巡回展が始まりました。

展示は、トーベがデビューを飾った風刺雑誌ガルムのイラストにはじまり油絵の数々、ムーミンの原画までその多才ぶりを網羅した内容で舞台衣装のスケッチなど珍しい作品もありました。中でも印象的だったのがルイス・キャロル作『不思議の国のアリス』の挿絵。以前ネットの情報でトーベ版アリスがあると知って以来、ずっと見たかったので感激!トーベが描いたチェシャ猫やトランプの衛兵達には時間を忘れて見入ってしまいました。

戦時中にガルム誌で描いていた風刺画の数々も圧巻。ヒットラーやナチスを題材に、この時代にここまで描けたのか!と驚くばかり。そしてガルムといいアリスの挿絵といい、色彩が素晴らしい!どちらもネットや本などで目にしたことはあったのですが、やっぱり原画って全然違いますね……。「どこへ行ってもついてくるムーミン人気にうんざり気味のトーベ」なんていう風刺のきいた作品もありました。

ムーミンもアリスも、トーベの描く世界は美しいけれどどこか寂しさや怖さがあります。アリスがウサギ穴を落ちていく絵なんて見ていると不安になってきます。でもそんなダークともいえる世界観こそがトーベの魅力なんですよね。自然を敬い、目に見えない何かを信じる。トーベ・ヤンソンって、水木しげるに似てるなあと思っているのですが……やっぱり似てると思いました(笑。ムーミンも鬼太郎も子供の頃から親しんでいるけれど、大人になって物語の深さや絵の美しさに改めて気づかされるところも似ていますね。昨今のムーミンブームでもうお腹いっぱいという方にも強くおすすめしたい展示内容ですよ!

フィンランドへ行く方には、トーベ作品を多く所蔵しているタンペレにあるムーミン谷博物館もおすすめです(来年までは日本巡回でだいぶ作品がなくなっていると思いますが!)。2013年に現在の場所へ移動する前のムーミン谷博物館を訪れた記事はコチラ

P1300322

トーベ・ヤンソンが夏を過ごした家を再現したコーナー。ノルウェーのホウロウメーカー、キャサリンホルムのやかんが。60年代を代表するデザイン……ということで置かれていたのかどうか?

P1300334

トーベとムーミン谷の仲間たちと記念撮影できるコーナー。

P1300361

思わず買ってしまいました。ガルム誌時代の、まだあまり可愛くないムーミンのハンコです。ハンコは日本での展覧会限定グッズで、たくさん種類がありました。

P1270503
これは今年5月にフィンランドで撮った写真。お菓子メーカーFazer社の広告のためにトーベが50年代に描いたイラストが使用された今年限定のアイテムなんですが、右側の青いトレーは展覧会の物販コーナーにありましたよ!

***トーベ・ヤンソン展 ムーミンと生きる***
横浜そごう美術館は〜11/30(日)まで。
北海道・新潟・北九州・大阪と巡回が決まっています。
詳細はこちらから

トーベ・ヤンソン展の日本でのスタートをお祝いしたフィンランド大使館でのパーティはコチラ

P1300348
限定アイテムの他、ムーミンやトーベ関連本も多数揃っていて『不思議の国のアリス』も発見!トーベ版アリスの世界を旅しながら、トーベ・ヤンソン展の余韻に浸ろうと思います。