7月15日(月・祝)カリコレ2019『アダムズ・アップル』上映後のトークイベントに出ます

映画ファンの夏のお楽しみ!新宿シネマカリテの『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019』で、今年秋に公開予定のデンマーク映画『アダムズ・アップル』が、プレミア上映されます!

『アダムズ・アップル』は、気鋭の監督アナス・トマス・イェンセンと、”北欧の至宝”マッツ・ミケルセン、そしてウルリク・トムセンというデンマークが誇る俳優陣が組んだ話題作。いえ、問題作という言葉がぴったりの作品です。人生の道を踏み外した人々が暮らす教会で、彼らの更生をサポートするマッツ・ミケルセン演じる聖職者イヴァン。ウルリク・トムセン演じる新入りのネオナチは、やがてそのイヴァンのヤバさに気づいていき……北欧映画独特のブラックな味わいと衝撃の展開、従来の価値観を揺さぶられる感覚。

毎年2月に開催される北欧映画祭トーキョーノーザンライツフェスティバルで上映された際も話題となり、賛否両論もあったそうですが、私は好きですね!タブーに挑戦していく北欧映画の中でもとくに切れ味鋭い一本だと思います。本国での上映から10年以上の時を経て、日本でもついに解禁された本作、ひと足早く観たい方はぜひこの機会をお見逃しなく!

上映は7月15日(月・祝)15:30~の1回のみ。上映後のトークイベントで、映画の鍵となるデンマークの暮らしや考え方ををお話することになりました。本作への理解がより深まるようなお話ができればと思っています。問題作!?とともにぜひトークもお楽しみください♪

あわせて読みたい