アラビア博物館

P1010444
フィンランドを代表する陶器メーカー、アラビア。140年の歴史をもち、
フィンランドの家庭には必ずあるといわれます。フィンランドでなぜアラビアか?といえば、
ヘルシンキのアラビア地区に由来しています。
P1010418
P1010392
1階にはアウトレットショップがあり、B級品が安く買えたり、この工場限定マグがあったり、
品揃えも豊富で観光客にも大人気。同じグループのフィスカースやハックマンの製品もあり、
店の反対側には寝具やムーミン柄のテキスタイルで有名なフィンレイソンもあります。
P1010377
そして9階には歴代のアラビア作品を展示した博物館があり、
カイ・フランクやウッラ・プロコペといったアラビアの黄金時代を築いた
デザイナー達の作品を時代とともに追うことができます。
P1010338
カイ・フランクによる作品たち。彼のデザインこそが、
現在、私達が持っているアラビアの根本的なイメージを
作り上げたと言ってもいいでしょう。無駄な装飾を省き
シンプルな美しさを追求した器は、機能性にも優れています。
P1010335
当時のポスターも素敵です。
DSCF9730
DSCF9739
女性デザイナー、ウッラ・プロコペやエステリ・トムラの代表的な作品も。
北欧ヴィンテージ好きにはたまらないコレクションです。
P1010376
博物館手前のラウンジで、ちょうどハックマンの
新作発表パーティが始まっていました。
P1010383
運良く、パーティにも入れていただき
器使いや空間の素晴らしさなどに見惚れていると…
DSCF9769
どこかで見かけたことのある男性が…
P1010389
オイヴァ・トイッカ!!ご本人です!!!
P1010425
オイヴァ・トイッカといえば、このガラスの鳥のオブジェ、
バードシリーズがとくに有名。国民的デザイナーです。
思わず写真を一緒に撮っていただいて、
本にサインをいただいて大興奮してしまいました。
P1010427
P1010431
さてこの建物内にはヘルシンキ市図書館も入っています。
置いてある椅子や棚などもやっぱり北欧らしいデザイン。
アールニオのバブルチェアも置いてありました。

あわせて読みたい