ミッケラー主催のビアフェス、MBCT2018に行ってきた!

行ってきました!MBCTこと、ミッケラビアセレブレーション in トーキョー。MBCTとは世界のビールファンに愛されるデンマークのクラフトビール、ミッケラーが主催するビアフェスティバルです。もともとコペンハーゲンで始まった伝説のビアフェスが、ついに東京で開催されたのでした!会場は明治神宮野球場の一角です。

本国でのイベントの様子はこちら →デンマークからクレイジーなビアフェスがやってくる!MBCT2018ってどんなイベント?

2日間に渡り、各日2セッション(1セッションは3時間半)、合計4セッションが行われるMBCT。ミッケラー創始者のミッケル・ビャーウス氏が選んだ世界の注目ブルワリーが参加しています。

各セッションごとにチケットを購入するのですが、全セッション通しで楽しめて、さらにプレミアム特典のついたゴールドチケットがあります。特典のひとつが一般開場の20分前に入れること。混雑する前に話題の味をあれこれ試せるというわけ。

つまり、一般オープン前のこの時間帯にビールを飲んでいる人々は、世界中から集まった本気のクラフトビール猛者たち。ミッケラーファンの中でも筋金入りの人たちなんです。

この笑顔。左の人が着ているのはコペンハーゲンの2017年バージョンのTシャツですね。こうして自分の推しブルワリーのTシャツを着ているのを見るのも、また楽しい。

日本が誇るミッケラーギークの浅井さんも発見。ミッケラーをこよなく愛する浅井さんは、本場デンマークはもちろん世界中のミッケラーを制覇している強者。ヨーロッパ、アメリカ、アジア各店、とにかくオープンすれば現地に足を運び、北欧ではデンマーク各地のミッケラーはもちろん、アイスランドのレイキャビク店、さらにフェロー諸島にも行っちゃってるんです。浅井さんのミッケラー詣での様子はインスタmikkellergeekjpで追えます。

浅井さんが身につけていたのは、もちろんミッケラーグッズ。ミッケラーのビールで模様をつけた3万円くらいする高いスニーカーも履いていました!これ、数年前にコペンハーゲンで販売されているのを見ましたが、実際に履いている人は初めて観ました。

ちなみに私はスウェーデン、BrewskiブリュウスキのTシャツです。新刊『3度めの北欧 スウェーデン西海岸、空とカフェの日々』でも紹介しているブリュウスキ。醸造家でありオーナーのマーカスさんはミッケルの盟友でもあり、ブリュウスキは私のいま一番の推しビール。日本ではまだ、なかなか飲める機会はないのでMBCTへの参加は嬉しい限り!

そしていよいよ一般オープンです。すごい人!MBCTは通常のビアフェスト比べると価格が高めなことから年齢層は高いのかしらと思いきや、若者っぽい人も多い。走る!みんなお目当てのブルワリーを目指して走る!!

浅井さんからおすすめされたベルギーのブルワリー、ボーケレイダーへ。あっという間に行列ができている!!

ボーケレイダーはここ数年、とても人気のあるランビックというスタイルのビール。この味は、世界でも数カ所でしか飲めないそうです。

もうひとつ行列がすごかったのが、ガレージプロジェクト。ここのビールは2層になっていて黄色は柚子のフレーバーで、赤がラズベリー。インスタ映え〜〜。実際、会場ではインスタを撮っている人に「それ、どこで飲めますか」と聞いてまた人が並ぶ……そんな光景が続いておりました。見た目だけでなく、フルーティ&フルーティな組み合わせがとてもおいしかったですよ!

天気も良くて、最高の雰囲気です!

会場ではこれまでミッケラーやビールイベントで会ったことのあるビアギーク(ビールオタク)な人々に再会しました。彼らに言わせるとMBCTはハズレがない。そして醸造所の人たちが直接サーブしていたり、ビールづくりや彼らの哲学や考え方について話せるのがいい!とのこと。

ミッケラー・ランニングクラブのブースもあります。ランニングクラブとは毎月第一土曜日にミッケラーに集合してみんなで走って、走り終えた後は一杯無料でビールが飲めるユニークなクラブ。もともとミッケルさんがビールをおいしく飲みたくて始めたもので、今では世界各地のミッケラーバーで発足しています。ビール好き、ラン好きが交流できる場であり、まさかのMBCTにも参加。ビールを飲む前には走らないと気がすまない人たち。

ミッケラーはアメリカのNYやサンディエゴ、コペンハーゲンのバグハウンにある醸造所など世界各地から出店。同じミッケラーといえど、醸造所が違えば作る味も違うのです。

日本のバーにも流通してきたノルウェーのラルヴィーグやスウェーデンのオムニポロも安定のおいしさです。オムニポロの看板商品のひとつ、はやっぱり大人気!

デンマーク、フレドリクスダールのチェリーワインも発見!コペンハーゲンのおしゃれなレストランで見かける味です。

フードブースにはサケボウズ。斬新な食材の組み合わせで、お酒にあう食事が人気の富ヶ谷にあるお店です。ミッケラーのビアフェスは本国でも食事メニューが充実していたのが印象的でした。やっぱりおいしいビールにはおいしいフードを合わせたい!

さらにオニバスコーヒーとスウェーデンのKOPPIのコラボブースもありました。これも本国と同じで、最初ビアフェスでコーヒー?と驚きましたが、コーヒーでひと息つけるのって、案外とありがたいのです。クラフトビール好きとスペシャルティコーヒーも好きだったりしますしね。

北欧を代表するスペシャルティコーヒーのKOPPIから、オーナーでバリスタ&ロースターのアンとチャールズがMBCTに合わせて来日していました。この2人も『3度めの北欧』で取材させてもらったのですが、KOPPIに行きたくてヘルシンボリへ行ってしまったほど大好きなお店。

会場ではMBCTグッズや、ボトルや缶のクラフトビールも販売。デンマークのトゥーオル社のヒュッゲビールもありました♪

日が沈んでからの雰囲気も素敵。ちょうちんが並んで、日本のお祭りのよう。

さて、いろいろとレポートしてきましたが、最後にまとめです。
******************************
MBCTのここがすごい

・どのビールもおいしい。一度にいろいろ試せる
・ビールファン注目の醸造家もともに来日して、直接ビールの魅力を伝えている
・超レアなビールも飲める
・ビールマニアが海外からわざわざ来ている
・めしがうまい
・おいしいコーヒーも飲める
・楽しい
・新しいビールを発見したり、面白い人とのつながりが増える
・酔ってもマナーを守る人々

MBCTのここがダメ
・トイレが和式
******************************

クラフトビールのブームで夏は各地でビアフェスが盛り上がっていますが、北欧クラフトビールの底力を味わえるMBCTはやっぱりワンアンドオンリーな存在でした!

2019年7月追記)
MBCT2019も開催決定!今年は2019年9月14日〜15日、渋谷駅すぐのストリームホールが会場になります。チケットは絶賛発売中。FBのイベントページはこちら

ミッケラーのメルマガに登録するとゴールドチケットが当たるキャンペーンも!こちらは8月15日締切です。トイレ、今年は洋式になるようですよ!

あわせて読みたい