おうちで北欧 ④本と布と花で気分転換

最近やはり、ついついSNSを見すぎてしまったり、ニュースを追いすぎてしまって、意識的に情報から離れる時間を持たねばといつも以上に思っています。考えること、声をあげたいこと、やりたいこと、いろいろありますが、それには自分が元気でないとね。ということで、今日は私が気分転換にしていることを書いてみますね。

1.本で北欧インテリアの世界にひたる

私は人のおうちを見るのが好きなんです。北欧を旅していても、チャンスがあれば普通の人の家におじゃまするのを楽しみにしています。で、おうちでそれができるジュウ・ドゥ・ポゥムさんの北欧インテリア本シリーズ。私のバイブルです。

この機会に断捨離したり、部屋の片付けをしよう!という方は、きっと多いですよね。私もです。家にいる時間が長くなるなら、部屋の居心地をもうちょっと良くしたいと思いますよね。我が家はこれまでリビング・アトリエ・キッチンと3回にわたって少しずつリフォームをしているのですが、いつもリフォーム前、リフォーム中はポム本でイメトレです。

スウェーデン・フィンランド・デンマークのアパルトマンやアトリエ、キッチンにフォーカスした一冊もあれば、子ども部屋のシリーズも。「私はやっぱりストックホルムのスタイル好きだわ」と思ったり、「コペンハーゲンはすっきりモダン系が多いな」とか、「フィンランドはテキスタイルの色のコントラストが鮮やかだ〜」とか比べ読みするのも楽しいです。

そして眺めるうちに、自分の好きなスタイルが見えてきたりする。この本に登場しているのはアーティストも多く、ページをめくってもめくっても、どの部屋も可愛い!!のですが、繰り返し見ているうち、いつも目にとまるページがあったりする。で、考えてみるわけです。どの部分が好きなのかと。キッチンキャビネットの色がいいとか、こういう風にカトラリーを入れておきたいとか、具体的に取り入れられそうなアイデアに付箋を貼ったりもします。逆に、とっても素敵だけど自分の部屋向きではないな、と気づくこともあります。それがわかってくると、いざ家具や食器を買おうという時に役立つんですよね。実際にリフォームをする時も「何を優先するか?」がクリアになったりして。ちょっとファッションと通じる部分もありますね。機能も大事、似合うかも大事、でもやっぱり自分がどんな色、形、雰囲気が好きかを知るのがとっても大事だなと。この作業が私は大好きで、しばし心のザワザワを忘れるんですよね(そしてなかなか現実に戻ってこれなくなることも 笑)。

Scandinavian RETRO
もうひとつのバイブルがこちら。スウェーデンの出版社が作る、北欧レトロデザイン専門誌。主に40〜70年代食器や家具、テキスタイルにフォーカスし、デザイナーやシリーズの特集を組んだり、おうち訪問企画もあり、ビンテージデザイン好きには垂涎ものの世界。スウェーデンやデンマークではコンビニでも売っている雑誌で、日本から取り寄せもできます。

これも繰り返し手にする、お気に入りの本。『北欧フィンランドのヴィンテージデザイン』は、キッチン道具、家具、照明、テキスタイルの紹介とともに、どうして名作デザインが生まれたのか?といった背景も詳しく書かれていて面白いです。『Fine Little Day』では、もともとインスタグラムから火がついた大人気デザイナー、エリーサベット・デュンケルの日々の暮らしやアイデアがのぞけます。彼女のインスタや本は、眺めていると心が落ち着くんですよね。

2.布を眺める、どう使うか考える

私は北欧の布が大好きで、ついつい買い集めてしまいます。使うあてのまだない、しかしとても気に入っている布をトランクに入れてあるのですが、時間がある時はそれをじーっと眺めて、家のどこに使うか考えます。「ああ、素敵……」と堪能した後、そのまま蓋を閉めてしまうことも多いですが……。いま着手しようと思っているのは、もみの木柄の大判の布(上記のFine Little Dayのデザインです)をカーテンにすること。可愛い絵柄の布を額装するのもいいかもしれない。

これはデンマークの友人の家で飾られていたテキスタイル。北欧のおうちではこうして布を額装して壁に飾っているのもよく見ます(日本でよくファブリックパネルってありますけど、あれはあんまり見た記憶がない)。汚したくない、もったいなくて使えないキッチンクロスだとかランチョンマットなど飾ってみるのも楽しいですよ〜。ちなみに額装するなら、IKEAのフレームがなかなか優秀でお値段もリーズナブル(ポスター、フレームなどで検索すると出てきます)。最近は配送サービスもあるんですね!額装までしなくても、吊るしてみたり、画鋲でとめるだけでもいいかもしれません。

布って、北欧インテリアにかかせない要素で、部屋の印象をがらっと変えることもできるアイテムだと思うのですが、一方でもっともトライしやすい物かなと思っています。暮らしにあわせて使う場所を変えたり、リメイクしたり、部屋や自分のスタイルが変わっても「やり直せる」のが良いんです。日本で買いやすいおすすめ北欧テキスタイルとしては

・色鮮やか、躍動感がある感じ MarimekkoやAlmedahls
・色鮮やかだけど、幾何学模様で落ち着いた印象の Johanna Gullichsen
・アーシーな色使いで日本の家にも合わせやすい Fine Little Day
気軽に試すなら、IKEAの布もいいと思います。

3.花を飾る

北欧のおうちでは生花を飾っているのをよく見ます。寒い国なのに、と最初は思ったのですが、寒い国だからこそ家の中にフレッシュで気持ちが明るくなる花を欠かさないようにしているのかもしれませんね。先日、近所のお花屋さんは開いてるだろうかと行ってみたところ、「こんな時期だから」とお店の営業は続けているとのこと。お店に入って花に囲まれていたら、すごく心癒やされたのですよね。花は、いいですね。最近、やっぱり気持ちが疲れていたのか、いつも以上にその美しさが染みました。ご近所の花屋さんが開いていたら、ぜひ。

北欧エッセンスを取り入れるなら、北欧ブランドの花器もいいかもしれません。我が家で愛用しているのがこの4つ。一番左はフィンランド、イッタラ社のアルヴァ・アアルトコレクション。隣はデンマーク、ケーラー社のハマースホイシリーズ(日本ではスキャンデックスさんで取り扱い中)。デンマーク家庭でとても親しまれているデザインです。

右の2つはビンテージ。奥にある木の把手付の青いガラス器は、じつはアイスクーラーなんですが花瓶として愛用しています。デンマークのHolmegaard社のビンテージです。小さめの色鮮やかな器はスウェーデンのマリ・シムルソンによるデザイン。

以前、フィンランド大使夫人のおうちを訪ねた時に、パラティッシの器に色を合わせた青と黄色の花が飾られていて「なんて素敵!」と感激しました。花器と花の色を合わせたり、それをイメージしての花選びは部屋に色を取り入れる練習にもなるんですよ。ちなみにこれはミルクピッチャー。北欧の食器を使って花を活けてみるのも楽しいですよ。

我が家でもこの2つは水差しとミルクピッチャーですが、花器としても活躍しています。

今日も花屋さんに行ったら、たくさんおまけしてくれて花・花・花🌹!花瓶も総出で、どれにどの花を入れよう〜とウキウキ遊んでいたら、草食べさせて〜と、猫店員が参加してきました。

*********************************
最後に、北欧BOOKからも本のおすすめです。上記で紹介したジュウ・ドゥ・ポゥムさんとはその後、北欧のライフスタイルや旅で見つけた物を紹介する本を一緒に作るようになりました。こちらは思い入れのある最初の一冊。北欧のレトロデザインを愛する人々の家やお店、ファッションや音楽などを紹介しています。私のテキスタイル師匠とレトロファッション師匠の家も登場しています!

北欧レトロをめぐる21のストーリー
森 百合子 著
¥1,600 + 税 出版社 主婦の友社/ジュウ・ドゥ・ポゥム編

【6/21(日)・北欧インテリア講座のお知らせ】
コロナウィルスの状況を見つつではありますが、6月には我が家で北欧インテリア講座を予定しています。築85年の古民家でどうやって北欧の食器やテキスタイル、生活雑貨を取り入れて楽しんでいるかをご紹介します。おうちで北欧、もっと楽しんでみたいという方はぜひ。お問合せ、お申込みはNHKカルチャーまでお願いします♪
北欧のデザインと暮らす ~日本の家で楽しむ北欧のスタイル