身近な名作、アアルト自邸

SANYO DIGITAL CAMERA

ヘルシンキ市内にあるアアルトの自邸。巨匠の自邸なんて
さぞや豪邸だろう……と想像していましたが、
思ったよりもずっとこじんまりとしています。

1936年竣工ながら、古臭さをまったく感じさせないモダンな空間に
機能的で、シンプルで、美しい北欧の家らしい魅力が凝縮しています。
家具や照明、テキスタイルももちろんアアルトデザイン。
またアアルトは、日本の建築に興味を持っていたといわれ、
引き戸や簾のようなカーテン、竹などアジア的な素材使いに親近感も覚えます。

それほど広くはない空間に段差を取り入れてメリハリをつけたり、
引き戸や布で部屋を仕切るといったアイデアは、
自分の住まいにもすぐ取り入れたくなります。

RIIHITIEN TALO
住所 Riihitie 20

以前は予約が必要でしたが、現在
(2013年時点)は、個人で見学する場合は
予約の必要がないようです。
(1月は予約された場合のみオープン)
詳細や予約は
riihitie (at) alvaraalto.fi から。

SANYO DIGITAL CAMERA

SANYO DIGITAL CAMERA
家具や照明もアアルトデザイン。

SANYO DIGITAL CAMERA
大きな窓から庭の緑を楽しめるダイニング。

SANYO DIGITAL CAMERA
キッチン側からもダイニング側からも使える機能的な棚。

SANYO DIGITAL CAMERA
階段上の窓に置かれた大きなサヴォイ・ベース。

SANYO DIGITAL CAMERA

階段を上がってすぐのスペース。

SANYO DIGITAL CAMERA
ここにももちろんアアルトの椅子。

SANYO DIGITAL CAMERA
双子の洗面台もアアルトがデザインしたもの。

SANYO DIGITAL CAMERA
リビングの横にあるワークスペース。

SANYO DIGITAL CAMERA

SANYO DIGITAL CAMERA
中二階にある小さな書斎は秘密部屋のよう。

SANYO DIGITAL CAMERA

SANYO DIGITAL CAMERA

SANYO DIGITAL CAMERA
ワークスペースとリビングには結構な段差が。
段差を活用して、空間を仕切っています。

SANYO DIGITAL CAMERA
中庭にて。オフィススペースは白い壁。

SANYO DIGITAL CAMERA
居住スペースは外壁に濃い木の板が使われています。

SANYO DIGITAL CAMERA
細い木の窓枠もアアルトの作品によく見られるもの。
窓際に、オブジェを飾るのは、北欧の家の伝統。