アアルト美術館

SANYO DIGITAL CAMERA

アアルトが多くの建築を残したことでも知られるユバスキュラの街中、
その名もアアルト通りにある美術館。アアルトの建築や都市計画をはじめ
アアルトデザインの椅子や歴代サヴォイベースまで、
建築家でありデザイナーでもあるアアルトが残した作品について展示・解説しています。

ここの建物もアアルト自身の設計によるもの。
アアルトの「白の時代」を代表する建物で、
外壁に使われている白いタイルは、フィンランド、アラビア社製とのこと。

ユバスキュラ周辺のアアルト建築を記したマップや、
アアルトのサマーハウス、コエ・タロの見学予約など
アアルト探訪をする際の情報収集もこちらでできます。

Alvar Aalto Museo
火-日11:00-18:00 
入場料6ユーロ(学生・シニア2ユーロ。2005年時点)
Alval Aallon katu 7,Jyvaskyla
tel:+358-14-624-809 Fax:619-009
ユバスキュラ駅より徒歩20分ほど

SANYO DIGITAL CAMERA
左側上部に見えるパイン材を使った波打つ壁は、
1939年にNYで開かれた万博でアアルトが使ったデザイン。

SANYO DIGITAL CAMERA
アアルトの椅子を特徴づける、脚部に関する展示と解説も。

SANYO DIGITAL CAMERA
アアルトの最高傑作と称される、マイレア邸のプラン。

SANYO DIGITAL CAMERA
アアルトデザインを代表するガラスの花器、通称サヴォイ・ベース。
フィンランドの湖を思わせる優雅な曲線。

SANYO DIGITAL CAMERA
サヴォイベースを作っている映像や、道具の展示も。

SANYO DIGITAL CAMERA
初期のサヴォイベース。ハンドクラフト感が違います。

SANYO DIGITAL CAMERA
1階にはカフェスペースも。アアルトの家具や照明に触れることができます。
窓辺のタイル使いもとても素敵。

SANYO DIGITAL CAMERA
カフェから続くオープンスペース。

SANYO DIGITAL CAMERA
花のようなガーデンテーブルはアアルトの妻、アイノのデザイン。

SANYO DIGITAL CAMERA
アラビア製の白いタイルが整然と並べられた
「要塞のよう」な外観。木枠の窓がリズムを作っています。

SANYO DIGITAL CAMERA

SANYO DIGITAL CAMERA
子供のお絵かきコーナーにも、もちろんアアルトがデザインした子供用家具が。

SANYO DIGITAL CAMERA
美術館入口のドアの取っ手にも注目。アアルトは取っ手にこだわることでも有名。

SANYO DIGITAL CAMERA
アアルトのサイン。