プッラ物語

プッラといえば、シナモンロール!

プッラといえば、シナモンロール!


お店によって味も形も違います。

お店によって味も形も違います。


お気に入り、エロマンガのシナモンロール。

お気に入り、エロマンガのシナモンロール。

 朝ごはんやランチ、そしておやつタイムにコーヒーと一緒にパクパク…。フィンランド人の生活に欠かせないといわれるプッラ。プッラの代表選手はシナモンロール。フィンランド語でkahvipulla(コーヒーパン)ともよばれるように、コーヒータイムのお供に一番の人気。その姿から korvapuusti (パンチされた耳という意味)ともよばれています。
 カフェやパン屋さんには必ずあって、家庭でも気軽に焼かれています。粒砂糖がかかっているのが北欧スタイル。

 フィンランドのオフィスでは一日2回のコーヒーブレイクを取ることが国によって決められているとか。そのせいもあってか、コーヒーの消費量は世界一。プッラの消費量もすごそうです。

pullaberrypullarahka
 プッラ生地から作るパンは、他にもいろいろなバリエーションがあります。もっともシンプルなのは、プッラ生地を丸く焼いただけのもの。生地の真ん中に穴を開けて、バターを落とした Voisilmapulla (バターの目という意味)やフレッシュチーズの一種、rahkaのフィリングを入れたrahkapullaも定番です。またブルーベリーやいちご、ルバーブ、リンゴンベリーなど旬のフルーツをトッピングしたプッラも人気です。

 フィンランドのプッラといえば、カルダモンの香り。体を温めるといわれるハーブの香りに、心も体もあったまります。

エクベルグのシンプルなプッラ

エクベルグのシンプルなプッラ


スウェーデンでよく見る<br>巻きつけ型のシナモンロール

スウェーデンでよく見る
巻きつけ型のシナモンロール


長く編んだプッラ”ピトコ”

長く編んだプッラ”ピトコ”