デンマーク、ステルトン社の新作が北欧ブランドと共演

デンマーク、ステルトン社の新作発表会へ行ってきました。ステルトン社といえばアルネ・ヤコブセンがデザインしたシリンダラインが有名ですが、そのシリンダラインが50周年を迎え記念限定カラーが登場。この新作を中心に、ステルトンの代表作がイッタラやレ・クリントなど北欧ブランドの器や照明とともにスタイリングされています。会場は外苑前駅すぐのサンワカンパニーショールーム。展示は22日(日)まで。

ステルトンの製品とともにイッタラのガラス器などが並んだ棚。シリンダーラインの新色であるスモーキーなパステルカラーをはじめ、色のもつ力を感じる展示です。


ステルトン社のもうひとつの代表作、バキュームジャグも40周年を迎え、限定カラーが登場。こちらはメタリックな質感が格好いい。

カフェコーナーでは実際にステルトンのジャグを使ってコーヒーを入れることもできます。ティーマのマグカップにステルトンでコーヒーを注ぐ。贅沢なコーヒータイム、いいですね〜。

レ・クリントの照明を合わせたキッチンカウンターのスタイリング。

別のシンクにはオイヴァ・トイッカのバードが!ちょっとしたサプライズ演出ですね。

ステルトン社の歴史やデザイン哲学についてのスピーチもありました。

会場にはDESIGNART 2017の展示のひとつとしてクライン・ダイサム・アーキテクツとカリモクのコラボソファが置かれていました。自由に組み合わせのできるソファユニット。こんなのがホテルや会社のロビーにあったらいいですよね〜。クッションはミナ・ペルホネン。

気になったのがこれ。ステルトンのジャグをモチーフにしたアート作品のよう。聞いてみるとなんと、ステルトンの社長が描いたのだとか!絵心ありますね〜

19日夜にはレセプションが行われ、フードも合わせて見事なスタイリング!お料理それぞれにハーブが贅沢に使われていて、サーモンや肉の前菜にはディルがたっぷり入っていました♪


イッタラのロングセラー、ウルティマツーレにはハーブ入りのレモネード。このサイズ、使いやすくていいのですよね。

料理やスイーツ類がイッタラのアアルトコレクションのボウルに。アアルトコレクションのベースと一緒に並んでいるのがまた素敵で、惚れぼれするような空間を堪能してきました。こうして実際に使われるところを見ると、ますます欲しくなってしまうものですよね、北欧の器やキッチンアイテム!

展示は22日(時間10:00〜18:00)まで。
サンワカンパニー東京ショールームにて。