シナモンロールの形あれこれ

P1160559

北欧のシナモンロールといえば、映画『かもめ食堂』で一躍有名になったプッラ。

コルヴァプースティとも呼ばれるユニークな形は
フィンランド特有のもの。ぐるぐると巻いた生地を
最後に指を使ってぎゅっとつぶすのが面白くて、
北欧のおいしい時間』でもこの成型を紹介しています。

スウェーデンやデンマーク、ノルウェーでは
ぐるぐるとかたつむりのように巻いた
『スネイル』型が一般的。

結び目のようなノット型もよく見かけます。

最近、気に入ってるのがこのノット型。
成型方法がどこかにないかと探しているのですが
なかなか見つからず。やっと見つけたのがコレ。

指にぐるぐると巻いて…この最後の、クルッ!
が肝心なのによくわからない…。
何とか見よう見まねでやっております。

ご存知の方、ぜひご教授願います!!