ムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソン生誕100周年イベント

tove100_logo

2014年は、ムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンの生誕100周年。
本国ではもちろん、ムーミン大人気の日本でも書籍や関連グッズがぞくぞく発売され、
さまざまな記念イベントが予定されています。

昨年末、フィンランド大使館で行われた「Tove100」の記者会見で、
各イベントについて説明があったので、こちらでも紹介したいと思います。

トーベ・ヤンソン撮影の秘蔵フィルム2本が初公開
トーベと、そのパートナーであるトゥーリッキが撮りためた映像2本が初公開!
撮影に使われたのは日本を旅する途中で手に入れた『コニカ』の8mmカメラ。
トーべの芸術仲間の娘であるカネルヴァ・セーデルストロムが監督を担当し、
トーベとトゥーリッキの眼差しで当時の暮らしや各地の風景をのぞき見ることができます。
トーキョーノーザンライツフェスティバル2014」で初上映される他、DVDもリリース予定。

『ハル、孤独の島』
1967年から25年間、2人が毎年春から晩夏を過ごしたクルーヴハル島。
電気も水道もない、厳しい自然の中で暮らした日々が収められています。

『トーベ・ヤンソンの世界旅行』
1972〜93年にかけて2人が訪れたヨーロッパの国々。
そこで暮らす人々や文化、日常をトーベとトゥーリッキの目を通して捉えた貴重なフィルム。

travels_01
(トーベ・ヤンソンの世界旅行 1993年 フィンランド)

P1210537

会見でフィルムを少し見せてもらったのですが、とくに印象に残ったのは『ハル、孤独の島』。
森に囲まれた一般的な北欧のサマーハウスとはだいぶ様相の異なるクルーヴハルでの暮らし。
木も生えないというのだから驚きです。そんな厳しい自然環境をあえて選ぶ2人、
質素なサマーハウスの佇まいや、楽しそうに踊るトーベの姿にも目を奪われました。

北欧5ヶ国から集まった作品が楽しめる映画祭「トーキョーノーザンライツフェスティバル2014」では
『ハル、孤独の島』と『トーベ・ヤンソンの世界旅行』の2本と、
劇場版アニメーション『ムーミン谷の彗星」を上映。
監督やムーミン研究家が来日し、トークショーも行われます。
2月8日~14日まで渋谷のユーロスペースにて開催。
トーベ・ヤンソン特集上映のページはコチラ→ http://www.tnlf.jp/movie.html
moominland_01
(ムーミン谷の彗星 1992年 日本・オランダ)

ちなみにパートナーのトゥーリッキは、このキャラクターのモデルになった人。
グラフィックデザイナーで、トーベの良き理解者だったようですね。
chara_11sムーミン公式サイトより

ムーミンの原画展や、トーベ・ヤンソン回顧展も開催されます。
日本でムーミンといえばアニメやアラビアの食器がおなじみですが、
夢のような美しい色彩の原画やムーミンの原型など「知られざるムーミン」も見られるでしょうか。

「MOOMIN!ムーミン展」
フィンランド、タンペレにあるムーミン谷博物館から約200点の原画・習作が来日。
うち約150点が日本初公開だとか!2014年4月〜2015年5月まで全国9会場を巡回予定。
(ちなみにリニューアルする前のムーミン谷博物館を訪れたレポートはコチラ

本国フィンランドでの『生誕100周年 トーベ・ヤンソン展』日本にも巡回
フィンランド、ヘルシンキにある国立アテネウム美術館で、トーベ・ヤンソン大回顧展を開催。
トーベが残した偉大な業績の全貌を振り返る初の本格的な回顧展が日本にも。2014年10月下旬より巡回予定。

そして会見で話題をさらったのは、日本国内で建設計画中のムーミンのテーマパーク。
規模も場所も未定のようですが、やはりムーミン大人気とあって会見の目玉のようになっていました。

日本で開催されるイベントや記念アイテムなどの最新情報はこちらから。
トーベ・ヤンソン生誕100周年記念特設ページ
http://www.moomin.co.jp/tove100anniv/

フィンランド他、世界各国の「トーベ100」イベント情報は
http://www.tove100.com/

記者会見には、サプライズゲストも登場!
P1210539

ムーミンと一緒に、フィンランドのコーヒータイムを楽しみました。
P1210546

おいしい焼き菓子は、「ムーミンママのお料理の本」のレシピで作ったものだとか。
P1210543

コーヒータイムといえばこれ。
フィンランドのシナモンロール、コルヴァープースティも。
P1210548

北欧人が大好きなリンゴンベリーを使い、
カルダモンを効かせた、北欧らしいお菓子。
P1210553

クリスマスが近かったので、定番ジンジャークッキーも。

P1210555

ノリのいいムーミンが、おどけてくれました♪
ムーミンの生みの親、トーベの魅力が再発見される機会になるといいですね!

2件のフィードバック

  1. 福村範子 より:

    フィンランドの書籍で、そちらに在庫があるかどうか、教えてください。
    フィンランドのWSOY社より出版されている、ちびのミイの絵本を探しています。
    著者はRuna&Sami・Kaarla(すいません、タイトルはいま、手元になく…)
    フィンランドでは、2冊出版されていますが、この1巻目を大急ぎで手に入れたいのです。
    もしもそちらの在庫があるようでしたら、購入したいと存じます。
    在庫の有無を教えていただければ幸いです。
    どうぞよろしくお願い申し上げます。

  2. yuri より:

    お求めの本ですがこちらでは取り扱いがありません。お返事が遅くなり申し訳ありません。