北欧のzine 『Psi-Psi(プシプシ)』創刊しました!

ここ数年、温めてきた企画がついに……ついに形になりました。北欧をテーマに初めてのzineを作りました!

北欧のzine『Psi-Psi(プシプシ)』vol.1 
価格 1100円(税込) (A6サイズ/44ページ/フルカラー)

zine とは自費出版でつくる小冊子のこと。一般に流通している本や雑誌とは違って、よりパーソナルな切り口で作る小さな本と言ったらいいでしょうか。自分の好きなものについて綴ったり、イラストや写真などのポートフォリオのようにしたり……と表現はさまざま。

『Psi-Psi(プシプシ)』は、北欧のzineです。北欧の旅やともだちのこと、音楽や映画、おすすめの場所……さまざまなジャンルを網羅して、特集やエッセイ、連載ページもある雑誌のようなスタイルにしました。イメージは80年代の雑誌『オリーブ』です。あの時代の雑誌のような、深夜ラジオのような、ニュートラルな語り口というより友人に語りかけるように、北欧で過ごした日々のこと、「北欧のここが好き!」を綴った一冊です。

創刊号となるvol.01の特集は「3日でまわれない北欧」。

連載では「宿題がはかどるノルウェーのダンスミュージック」「初めて北欧へ行く時に読んだ本」「コロナが明けたらこんな旅がしたい、のアイデア」などなど……ジャンル横断で私のおすすめ、とっておきをお送りします!

『Psi-Psi(プシプシ)』は、これまでの書籍のようにどの書店でも買える……わけではありません。Shop Sticka での販売(通販)やイベントで販売するほか、個々の書店、ショップなどで置いていただけるよう、ただいま開拓中です。もしこちらのページを見て、うちのお店やイベントでぜひ置きた〜い、とご興味を持ってくださったら問い合わせページよりお気軽にお問い合わせください!

********************************
北欧のzine『Psi-Psi(プシプシ)』vol.1
A6サイズ/44ページ/フルカラー
価格  1100円(税込)

著者・発行人  森百合子
デザイン・編集  ジュウ・ドゥ・ポゥム

ご購入はこちらのページよりどうぞ → 北欧のzine『Psi-Psi(プシプシ)』創刊号

********************************

創刊号、連載……とあるように、はい、『Psi-Psi(プシプシ)』は雑誌のように続けていく予定です。血反吐を吐いても5号までは続けようと思っています。書きたいこと、伝えたいこと、やりたい企画がいっぱいあるんですよ〜〜。願わくばあまり血は流したくないですが!

今回、じつは大きなチャレンジもしております……えー、イラストも描いています!じつは昔、漫画やイラストを描くのが大好きで、よく友達の似顔絵やら猫やらを描いていました。予算のない中、今回デザインと編集を引き受けてくださったジュウ・ドゥ・ポゥムさんと打ち合わせしている際、「モリさん、描いてみては?」と言われ、いやいやいやいやないないないない〜〜!と最初こそ思ったのですが、何しろ予算がないし、試しに描いてみたら楽しくて止まらなくなり、ヘタヘタながらも挿絵をたくさん描きました。『Psi-Psi』の裏キーワードは「脱力系」なので、イラストもぜひ楽しんでいただけたらと思っています。

予算がないといいつつも、デザインだけはちゃんとしたい、80年代オリーブのような雰囲気にしたい!という思いを受け止めてくださったのは『北欧のおもてなし』はじめ4冊の本づくりを一緒にしてきたジュウ・ドゥ・ポゥムさん。毎回、レイアウトがあがってくるのが楽しみだった、オリーブ感あるデザインもぜひお楽しみください!

先日のレストランデイで先行発売となりましたが、早速に感想を書いたり、聞かせてくださる方もいて本当に励みになります。昔の雑誌みたいに「読者からのお便り」コーナーもいずれやってみたいので、ぜひ感想も気軽に聞かせてくださいね!最後に改めて……

★北欧のzine『Psi-Psi(プシプシ)』のチャームポイント★

・北欧の「ここが好き!」が詰まっています
・80年代の雑誌みたいなデザインと語り
・本や雑誌より、もっとパーソナルな北欧の話
・ねこ要素も多め!
・著者が描いた味わいあるイラスト

オンラインでのご注文はこちらからどうぞ→ 北欧のzine『Psi-Psi(プシプシ)』創刊号

※12月14日〜 編集・デザインを担当してくださったジュウ・ドゥ・ポゥムさんのギャラリーにて、北欧関連の展示に伴いプシプシ販売もスタートします

取り扱い店舗はこちら。随時、更新していきます!
********************
取り扱い店舗

【東京】
・谷中 ひるねこBOOKS

【神奈川】
・妙蓮寺 生活綴方
・逗子 Lilla Katten(リッラ・カッテン)

【大阪】
・四條畷 Keitto(ケイット)